2018年03月24日

1億分の1秒単位で撮影可能なカメラ

1億分の1秒単位で撮影可能な超高速デジタルカメラが開発されたそうです。このカメラは、連続10枚の画像が可能だそうで、光は1億分の1秒で約3メートル進みますが、公開実験では緑色のレーザー光を捉えたそうです。医療分野でも応用されて行く可能性がありそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180322/k10011374991000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_008

posted by スタッフ at 05:24| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の最終段階における医療

先ほどの記事に関連して、このような記事が出ていました。先月にも人生の最終段階(終末期)の医療・ケアに関する指針改定の最終案についての記事を紹介しました。

https://www.asahi.com/articles/SDI201803124814.html?iref=com_apitop
https://www.asahi.com/

人生の最終段階:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90l%90%B6%82%CC%8D%C5%8FI%92i%8AK

posted by スタッフ at 05:11| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終末期患者の救急蘇生の実態調査

蘇生措置についての記事は、措置中止の指針などを含めて何度か紹介してきましたが、総務省消防庁は、終末期高齢者の延命治療を希望しない場合の適切な蘇生処置のあり方について、来月以降、実態調査をして検討を始めるそうです。救急隊は死亡が明らかな場合を除いて、心臓マッサージなどの蘇生処置を施して病院に搬送しているそうですが、家族や施設職員に処置の中止を求められるケースがあるそうです。現在、蘇生中止に関する国の規定はなく(学会の指針は出ているようです)、各地の消防機関で対応が分かれているのが実態だそうで、国によるルールが求められていることが背景にあるようです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180323-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news_senior-news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

蘇生措置:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%91h%90%B6%91%5B%92u

posted by スタッフ at 04:38| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルフで記憶力改善

ゴルフで高齢者の記憶力に改善が見られたとの研究結果が発表されました。ゴルフをほとんどしたことがない、あるいはほとんどしない高齢者に対して、半年間、週1回のゴルフ教室に参加してもらい、参加する前後の認知機能検査の点数を比較したところ、単語記憶検査で6.8%、論理的記憶検査で11.2%の向上が見られたそうです。こうした結果が出た理由については、「体を動かすことに加え、スコアを計算したり、他の人と交流したりすることで、認知機能が改善された可能性がある」と分析されています。ただし、現段階において認知症の予防効果を持つかどうかは不明で、追跡調査が必要とのことです。

http://www.sankei.com/life/news/180323/lif1803230038-n1.html
http://www.sankei.com/

他の年齢層の皆さんでも、軽い運動で記憶力が改善するという話は、以前紹介したことがあります。

記憶+運動:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%5E%93%AE+%8BL%89%AF

posted by スタッフ at 04:15| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする