2018年05月25日

iPS細胞(ヘルパーT細胞様細胞の作製に成功)

人のiPS細胞から、ヘルパーT細胞とほぼ同じ機能を持つ細胞の作製に成功したそうです。がん患者で低下している免疫機能を回復させる新しい治療法になり得る成果として注目されます。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180525-OYTET50006/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30935070U8A520C1000000/
https://www.nikkei.com/

https://mainichi.jp/articles/20180525/k00/00m/040/202000c
https://mainichi.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 11:38| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝性乳がんの治療薬

乳がんについての記事が続きます。先週も遺伝性乳がんの予防のための手術についての記事を紹介しましたが、厚労省の専門家部会が、再発卵巣がん向けの治療薬(リムパーザ、一般名:オラパリブ)を、遺伝性の乳がんにも使えるようにすることを了承したそうです。遺伝性乳がんの治療法の選択肢がさらに広がることになるということです。本学大学院にも遺伝性の疾患について、認定遺伝カウンセラーの養成コースがあります。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180524-OYTET50008/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://w.kawasaki-m.ac.jp/dept/graduate_welfare_sw_genetic/

乳がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FB%82%AA%82%F1

posted by スタッフ at 08:27| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がん検診で高濃度乳房についての通知

厚労省は、乳がん検診のマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)で、異常が見つけにく「高濃度乳房」について、受診者に一律に通知することは望ましくないとする文書を全国の自治体に送ったそうです。その理由として、超音波検査を併用した場合、がんの発見率は向上するものの、死亡率を低下させるかどうかの効果が明確になっていないことがあるそうです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180524-OYTET50023/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180525-OYTET50008/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

乳がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FB%82%AA%82%F1

高濃度乳房:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%82%94Z%93x%93%FB%96%5B

posted by スタッフ at 08:17| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする