遺伝性乳がん卵巣がん症候群の発症機序

遺伝子の変異でがんになりやすい「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」の発症メカニズムが解明されたそうです。「エストロゲン」が、細胞の異常増殖作用に加えて、DNAの切断を促す作用も有していて、相乗作用でがんの発症が高まるそうです。エストロゲンには、動脈効果を抑制するなどのプラスの作用もあることが知られていますが、マイナスの面もあるようです。

https://mainichi.jp/articles/20181023/k00/00m/040/154000c
https://mainichi.jp/

乳がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FB%82%AA%82%F1

卵巣がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%97%91%91%83%82%AA%82%F1

posted by スタッフ at 08:30| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする