2019年03月27日

風疹(累計937人に)・はしか(累計319人に)

国立感染症研究所によると、17日までの1週間で、風疹、麻疹(はしか)のいずれもさらに患者数が増えて、今年の累計が、風疹が937人、麻疹が319人だそうです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190326-OYTET50014/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

風疹:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%95%97%90%5D

はしか:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%CD%82%B5%82%A9

posted by スタッフ at 08:22| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血中カルシウム濃度と認知症の関係

血中のカルシウム濃度が低いと、軽度認知障害(MCI)からアルツハイマー病へ進みやすいとの研究結果が発表されたそうです。詳しい理由ははっきりしていないようですが、ビタミンDの欠乏の可能性が考えられるそうです。認知症予防に効果があると言われる適切な食事や運動は、カルシウム濃度を高める働きもあるそうですので、こうした研究の進展が期待されます。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190326-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

カルシウム:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83J%83%8B%83V%83E%83%80

認知症:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94F%92m%8F%C7

アルツハイマー:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83c%83n%83C%83%7D%81%5B

posted by スタッフ at 08:19| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPS細胞(既存薬でALSの進行抑制)

iPS細胞を使った研究で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の進行を抑制する既存薬が発見されたそうです。慢性骨髄性白血病の治療薬として使われている「ボスチニブ」という薬だそうです。今月18日から治療薬として国からの承認を受けるための臨床試験が始められたそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190326/k10011862051000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003
http://www.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASM3V3S6PM3VPLBJ001.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190327-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

去年10月にも、iPS細胞を使った研究で、パーキンソン病の既存薬が治療効果があるとの記事を紹介しました。iPS細胞が創薬に活用されていますね。

http://kumw-me.seesaa.net/article/462189449.html

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

ALS:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%60%82k%82r

iPS細胞+ALS:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E+%82%60%82k%82r

posted by スタッフ at 08:12| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

去年の二酸化炭素排出量が過去最多

IEA(国際エネルギー機関)によると、去年の主な温室効果ガスの二酸化炭素の排出量が、世界全体で331億4300万トンと過去最多になったそうです。主な理由として、経済成長に伴って、最大の排出国の中国や2位のアメリカでの排出量が増えていることと、世界各地での熱波や寒波による冷暖房の需要が増えたことなどが挙げられています。一方、日本では排出量が減ったそうです。さらなる取り組みが求められています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190327/k10011862221000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
http://www.nhk.or.jp/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42903210W9A320C1EAF000/
https://www.nikkei.com/

二酸化炭素:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%F1%8E_%89%BB%92Y%91f

温室効果ガス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%B7%8E%BA%8C%F8%89%CA%83K%83X

地球温暖化:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92n%8B%85%89%B7%92g%89%BB

posted by スタッフ at 08:05| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする