2019年04月12日

ゲノム編集(受精卵の臨床応用防止の法規制を検討)

ゲノム編集技術によってヒトの受精卵の遺伝子改変を行い、母胎に戻す臨床応用を防止する法規制の検討に入ったそうです。これは昨年の中国での遺伝子改変の受精卵を使った双子誕生の問題に対する世界的な動きにも対応しています。

https://mainichi.jp/articles/20190412/ddm/001/040/128000c
https://mainichi.jp/

ゲノム編集+受精卵:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%D2%8FW+%8E%F3%90%B8%97%91

ゲノム編集技術:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%D2%8FW%8BZ%8Fp

posted by スタッフ at 08:12| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする