2019年06月04日

認知症の新たな大綱(数値目標を取り下げへ)

5月15日に紹介した記事で、認知症の新たな大綱で、認知症患者数の削減の数値目標を初めて設けるとのことでしたが、「認知症の人は努力が足りなかった」などの偏見を助長する懸念があるなど、認知症の人への配慮不足を指摘する関係団体などの声に配慮して、数値目標を取り下げることにしたそうです。

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190603/k00/00m/040/302000c
https://mainichi.jp/

https://www.sankei.com/life/news/190604/lif1906040018-n1.html
https://www.sankei.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190604-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

5月15日の記事:
http://kumw-me.seesaa.net/article/465706964.html

認知症:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94F%92m%8F%C7

posted by スタッフ at 11:48| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲノム編集(寿命が短縮の可能性)

昨年末に世界的に話題になりましたゲノム編集で遺伝子改変(CCR5)して誕生した中国の双子に関連して、アメリカの研究チームが、同様の遺伝子変異を先天的に持つ人は、変異のない人より寿命が短いとする研究結果を発表したそうです。CCR5は、HIVへの感染に関与する遺伝子で、これを変異させると感染しにくくなるそうです。この遺伝子に変異があると感染症による死亡率が上がるとの報告もあるそうで、ゲノム編集によって寿命が縮まった可能性があるそうです。今後も遺伝子改変についての議論が広がりそうです。

https://mainichi.jp/articles/20190603/k00/00m/040/278000c
https://mainichi.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASM635TBYM63ULBJ00S.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

ゲノム編集:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%D2%8FW

遺伝子改変:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E2%93%60%8Eq%89%FC%95%CF

posted by スタッフ at 08:03| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視覚障害の原因は緑内障が最多

厚労省の研究班によると、平成27年度に新たに障害者手帳の交付を受けた視覚障害者の原因疾患は緑内障が最多で、原因に占める割合も過去最高(28・6%)になったそうです。因みに、2位は網膜色素変性(14・0%)、3位は糖尿病網膜症(12・8%)で、患者の大半が高齢者だそうです。対策としては、早期発見が重要で、そしてそのために定期的な検査を行うべきとのこと。

https://www.sankei.com/life/news/190603/lif1906030016-n1.html
https://www.sankei.com/

https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id566.html

緑内障:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%97%CE%93%E0%8F%E1

posted by スタッフ at 07:56| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする