2019年07月10日

80年後の天気予報

温暖化対策が十分取られない際の将来を描いた予想動画「2100年 未来の天気予報」の新作が、環境省によって作成され、公開されたそうです。気象庁の気象研究所によるシミュレーションに基づいていて、80年後の2100年夏、東京では、最高気温が43・3℃、あるいは870 hPaの猛烈な台風が襲来というような天気予報が出ている可能性があるようです。環境省の担当者は、「パリ協定目標を達成しても過酷な気象が避けられない。そんな未来を想定し、一人ひとりが温暖化問題を考えてほしい」と話しているそうです。環境問題は、健康に直接関係することですので、医療を学ぶ皆さんも関心を持っていきましょう。

https://www.asahi.com/articles/ASM785V08M78ULBJ00R.html
https://www.asahi.com/

「2100年 未来の天気予報」のサイト:
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/2100weather/

温暖化:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%B7%92g%89%BB

posted by スタッフ at 08:06| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする