2019年08月23日

医療費削減のための提言(一部の花粉症を公的医療保険対象外に)

健康保険組合連合会が、医療費の抑制のための政策提言をまとめ、その中で医療機関を受診して処方される花粉症薬のうち、同じような効果の市販薬で代わりができる薬については、公的医療保険の対象外とするように求めているそうです。もし、認められると年間約600億円の削減に繋がるそうです。もちろん、服用する人たちの自己負担は増えることになります。その他にも生活習慣病の薬も、ジェネリック医薬品を優先的に処方すれば、3000億円以上も削減できるとの試算も示されているそうです。

https://mainichi.jp/articles/20190823/k00/00m/040/113000c
https://mainichi.jp/

https://mainichi.jp/articles/20190824/ddm/012/040/066000c
https://mainichi.jp/

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082200648&g=eco
https://www.jiji.com/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012046141000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_001
https://www3.nhk.or.jp/

こうした動きに対して、反対意見も出ています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190828/k10012053731000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
https://www3.nhk.or.jp/

医療費+削減:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E3%97%C3%94%EF+%8D%ED%8C%B8

花粉症+薬:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%D4%95%B2%8F%C7+%96%F2

posted by スタッフ at 14:43| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症(賠償の補償制度)

認知症の人や家族が、安心して暮らせるように、民間の保険を活用して、事故などで賠償責任を負った場合に補償する制度を、総社市が今月から運用しているそうです。市内に約1500人の認知症の方が自宅で暮らしているそうで、市の「見守りシステム」に登録している人が対象となっているそうです。同様の制度は、全国各地に存在しているそうですが、岡山県内では初めての導入だそうです。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20190822/4020003504.html
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASM704CXNM70PPZB009.html
https://www.asahi.com/

https://www.sanyonews.jp/article/924457
https://www.sanyonews.jp/

認知症:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94F%92m%8F%C7

posted by スタッフ at 08:50| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんリスクを調べて保険料を安く

もう一つ、がんについての記事を紹介します。唾液から、がんのリスクを調べる検査技術を開発したベンチャー企業に、生保と損保の会社が出資して、検査を受けた人向けに、保険料を安くする商品の開発などを検討していくそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012045031000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002
https://www3.nhk.or.jp/

がん+保険:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1+%95%DB%8C%AF

posted by スタッフ at 08:43| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再発の乳がん細胞の活性化の仕組み

乳がんの再発についての研究で、がん細胞の増殖に関わるとされるエストロゲンの作用を抑えるホルモン療法が効かなくなって再発する場合、エレノアというリボ核酸(RNA)が、死滅しようとしているがん細胞に作用して、増殖に関わる遺伝子を活性化していることがわかったそうです。次世代の抗がん剤の開発に繋がる可能性がある成果だそうです。

https://www.asahi.com/articles/ASM8P62LSM8PPLBJ006.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

乳がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%FB%82%AA%82%F1

エストロゲン:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83G%83X%83g%83%8D%83Q%83%93

posted by スタッフ at 08:36| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする