2019年08月24日

3Dプリンターで作製した人工血管の臨床研究

5月に関連記事を紹介した3Dプリンターで作製した人工血管の臨床研究(透析患者に移植)について、国に提出した計画が受理されると世界初の試みとして開始されるそうです。バスキュラーアクセスの課題を解決できる方法になり得るか注目されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012046171000.html
https://www3.nhk.or.jp/

https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20190823/5080003709.html
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.cyfusebio.com/product/pipeline/vascular/

3Dプリンター:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82R%82c%83v%83%8A%83%93%83%5E%81%5B

人工血管:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90l%8DH%8C%8C%8A%C7

透析:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%A7%90%CD

バスキュラーアクセス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83o%83X%83L%83%85%83%89%81%5B%83A%83N%83Z%83X

posted by スタッフ at 08:10| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ME2種対策

今日は、AO入試前期のため入構禁止ですので、自宅などでの勉強になると思いますが、残り2週間ほどです。さらに集中して対策を頑張りましょう。

https://megijutu.jp/cebe2/cebe2_test.html

posted by スタッフ at 08:03| 岡山 🌁| 国家試験・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粘膜で合成・作用するワクチン

口や気管、腸などの様々な粘膜で、抗体(IgA)を合成させられるワクチン技術が開発されたそうです。粘膜から外側で働くことから、水際で侵入を阻止するとの説明されています。この技術を使って肥満や糖尿病などに関わる腸内細菌を制御して、生活習慣病の発症を抑制できるようになることも期待されています。「肥満ワクチン」という言葉も登場しています。

https://mainichi.jp/articles/20190824/ddm/012/040/124000c
https://mainichi.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASM8Q633NM8QPLBJ007.html
https://www.asahi.com/

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2019/190823-2
https://www.osaka-cu.ac.jp/

https://www.amed.go.jp/news/release_20190823.html

ワクチン:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%8F%83N%83%60%83%93

粘膜:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94S%96%8C

腸内細菌:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%B0%93%E0%8D%D7%8B%DB

生活習慣病:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%B6%8A%88%8FK%8A%B5%95a

posted by スタッフ at 07:59| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする