2012年10月04日

国際交流(ミャンマー編)

昨日のNHKニュースで、ミャンマーへの日本企業の進出の様子が出ていましたが、最近、本学でもミャンマーとのちょっとした国際交流がありました。

去る7月13日(金)にミャンマーの大学の先生方が来校されました。University of Medical Technology, YangonとUniversity of Medical Technology, Mandalay(両校は系列校)の先生方で理学療法学科のご所属ですが、臨床工学系のコースの開設も検討されているということでリハビリテーション学科と本学科を見学されました。

http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/international/2012/080601.php

学科概要を望月副学科長が説明し、その後、3年次生の人工臓器実習(透析導入)を中心に見学されました。当日、透析実習の指導に来て頂いていました重井医学研究所附属病院の田中昭彦先生(短大1期生、岡山県臨床工学技士会会長)とも以前に交流があったようで、いずれミャンマーでも臨床工学技士が活躍してくれればと期待しています。

(国試まで150日)

posted by スタッフ at 11:10| 岡山 ☀| 国際化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする