2013年01月23日

iPS細胞から

京都大学の研究で、iPS細胞から腎臓の元となる細胞(中間中胚葉)の効率的な作成に成功し、それを培養して尿細管に似た組織も出来たとのことです。腎不全治療のための再生医療や創薬などへの応用が期待されます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-00000050-mycomj-sci

http://sankei.jp.msn.com/science/news/130123/scn13012311310001-n1.htm

posted by スタッフ at 06:07| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする