2013年01月24日

研究再開

テロなどに悪用される可能性があるとして、毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザの研究は、一部中断されていました。その研究を再開するという声明を、世界中の専門研究者が連名で出したとのことです。万が一の流行に備えて、ワクチン開発などが進むことが期待されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130124/k10015018271000.html

posted by スタッフ at 22:26| 岡山 ☔| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする