2013年02月08日

大気汚染

PM2.5問題に関連して、中国での大気汚染がひどいため、空気清浄機の売れ行きが良いそうです。それに対応する形で、パナソニックなど日本メーカーが中国の現地工場の稼働率を上げて、生産を増加させているそうです。日本国内では花粉症対策などもあって、かなり普及していますが、これから中国にも広まりそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130207-00000005-fsi-bus_all

さらに中国ではガソリンの質が悪く、硫黄の含有量が多く、それも大気汚染の原因になっているということで、ガソリンの質を改善する方針が出されました。しかし、価格が上がる可能性が高く、それも反発を買う可能性もありそうです。日本側としては、呼吸器疾患などが懸念されていますので、改善の方向に向かって行くのを期待しましょう。

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20130207-OYT1T01193.htm

posted by スタッフ at 17:30| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする