2013年02月28日

意外な作用

有毒ガスとして知られる硫化水素が体内で生成されて、腎臓などの保護作用があることがわかったそうです。腎不全の進展を抑制し透析導入を遅らせることもできそうで、新薬開発にもつながる研究成果のようです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130228-OYT1T00761.htm?from=ylist

posted by スタッフ at 22:44| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする