2013年04月22日

継続的な支援

小児の難病を抱えた患者が成人した後も治療を続けている人が5万人ほどおられ、小児の時の国の助成が、成人になると行われない場合が多く、継続的な助成の必要性が求められていることについての記事です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130421-OYT1T00958.htm?from=main1

posted by スタッフ at 08:09| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする