2014年10月21日

エボラ出血熱(30万人分を増産)

インフルエンザ治療薬「アビガン(ファビピラビル)」が、政府の要請に基づいて緊急的にエボラ出血熱の治療に使われてきていますが、約30万人分を追加生産(錠剤化)するそうです。近々、フランスがギニアで臨床試験を始めるようです。

http://apital.asahi.com/article/news/2014102000014.html

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106817

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141021-OYT1T50013.html?from=ytop_main7

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106849

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020141021agat.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141021/t10015583411000.html

(国試まで残り131日)

posted by スタッフ at 00:02| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする