2014年10月22日

バイオ人工膵島

大塚製薬工場が、ニュージーランドの合弁会社ダイアトランズオーツカが開発する糖尿病治療用バイオ人工膵島(ディアベセル)のライセンス契約を結んだとのことです。ブタの膵島細胞をカプセルに入れたものだそうで、1型糖尿病患者の腹腔内に移植してインスリンを分泌させるしくみだそうです。数年以内にアメリカで臨床試験が始まる見込みとのこと。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020141021ccam.html

posted by スタッフ at 06:05| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする