2014年10月29日

エボラ出血熱(2万人分備蓄)

塩崎労大臣が、「ファビピラビル」(アビガン錠)を2万人分備蓄していることを明らかにしたそうです。既に、政府は、感染者が確認された際には医師の判断で、アビガン錠の投与を認めることを決めています。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141028-OYT1T50126.html?from=ytop_top

http://kumw-me.seesaa.net/article/407464157.html

(国試まで残り123日)

posted by スタッフ at 00:02| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする