2014年10月30日

iPS細胞による加齢黄斑変性の治療(その後の経過と2例目)

9月に加齢黄斑変性の患者にiPS細胞から作成した網膜色素上皮の細胞シートを移植しましたが、その後の経過についての記事が出ています。順調に経過しているようです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20141030-OYT1T50012.html?from=ytop_ylist

http://kumw-me.seesaa.net/article/405310327.html

http://kumw-me.seesaa.net/article/405624366.html

また、来年半ばの移植を目指して、2例目の準備も進められているようです。

http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201410/0007461257.shtml

http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014103001000923.html

posted by スタッフ at 08:50| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする