2015年02月15日

地球温暖化対策の草案

京都議定書に代わる2020年以降の温室効果ガス削減などの新たな枠組みを話し合うための草案の文書がまとまったそうです。年末のCOP21での合意を目指しているそうですが、先進国側と途上国側との対立する主張が反映されていて、これから交渉が本格化するとのこと。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150214/k10015451941000.html
http://www.nhk.or.jp/

http://www.asahi.com/articles/ASH244JV0H24ULBJ005.html
http://www.asahi.com/

因みに京都議定書については、参加した日本を含む37の先進国とEUについて、1990年比で5%削減を目標にしていましたが、約23%削減されたそうです。ということで成果は上げられたということですが、気候変動の影響は大きくなってきていて、日本でも異常気象が頻発してきており、途上国も含めて地球規模での取り組みが大切ということのようです。

http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021301002393.html
http://www.47news.jp/

先日も、2014年の地球全体の平均気温が、観測史上最高だったという記事を紹介しました。

http://kumw-me.seesaa.net/article/413421868.html

将来のためにも日々の生活の中でも出来ることを皆で実行していくことも大切ですね。

posted by スタッフ at 06:10| 岡山 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする