2015年02月24日

エボラ出血熱(致死率低下の効果)

ギニアでフランス国立保健医療研究所(INSERM)が、アビガン(一般名ファビピラビル)の臨床試験を行うという記事を紹介しましたが、その結果、症状が深刻化していない患者の致死率を下げるデータが得られたそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150224/t10015716081000.html
http://www.nhk.or.jp/

http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022401002281.html
http://www.47news.jp/

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020150225agbj.html
http://www.nikkan.co.jp/

http://kumw-me.seesaa.net/article/413586918.html

http://kumw-me.seesaa.net/article/408876029.html

http://kumw-me.seesaa.net/article/408752953.html

http://kumw-me.seesaa.net/article/407914756.html

posted by スタッフ at 21:32| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする