2015年04月20日

多価飽和脂肪酸 vs 多価不飽和脂肪酸(記憶への影響)

多価不飽和脂肪酸が記憶力のアップや健康によいとされていて、魚などを積極的に食べる理由の一つになっていますが、恐怖の記憶まで強めることがわかったそうです。逆にチョコレートや肉などに多く含まれる多価飽和脂肪酸を摂取すると恐怖の記憶が緩和されたそうです。脂肪酸の種類によって、記憶をコントロール可能性があり、治療薬の開発に繋がると期待されているようです。

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150417000169
http://www.kyoto-np.co.jp/

posted by スタッフ at 12:10| 岡山 ☔| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする