2016年06月14日

避難生活で9・1%にエコノミークラス症候群

熊本地震の避難所で暮らす被災者2023人のうち9・1%に相当する185人から血栓が見つかったそうです。特に70歳以上の人や睡眠剤を使用している人に多く、女性が7割以上を占めていたそうです。また、入院が必要な重症患者51人のうち、42人が車中泊だったそうです。今後、このような避難生活を送るような状況が起こった場合に、こうした情報を活用していく必要がありそうです。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6G3H54J6GTIPE00G.html?iref=com_apitop
http://www.asahi.com/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160614/k10010556371000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
http://www.nhk.or.jp/

http://www.yomiuri.co.jp/local/kumamoto/news/20160614-OYTNT50094.html
http://www.yomiuri.co.jp/

エコノミークラス症候群:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83G%83R%83m%83%7E%81%5B%83N%83%89%83X%8F%C7%8C%F3%8CQ

posted by スタッフ at 17:30| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする