2016年08月20日

災害時健康危機管理支援チームの養成

熊本地震でも話題になり、5月にも関連記事を紹介しましたが、厚労省が大規模災害時に公衆衛生対策のための「災害時健康危機管理支援チーム」(DHEAT)の養成を始めたそうです。医師、保健師など5人ほどで構成し、普段から全都道府県に配置し、災害発生時に被災地で感染症対策やエコノミークラス症候群対策などを行うそうです。

http://this.kiji.is/139461780006207497?c=39546741839462401
http://www.47news.jp/

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H0C_R20C16A8000000/
http://www.nikkei.com/

http://kumw-me.seesaa.net/article/438068953.html

posted by スタッフ at 09:32| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする