2016年09月05日

がん幹細胞の働きを抑制

がんの再発や転移の原因と考えられている「がん幹細胞」の働きを抑制する化合物(NCB―0846)が発見され、大腸がんの幹細胞の大半を死滅させることに成功したそうです。1〜2年のうちに臨床試験を始める計画だそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160904/k10010668271000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_007
http://www.nhk.or.jp/

がん幹細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1%8A%B2%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 06:38| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする