2016年09月24日

iPS細胞(6種の難病の治療薬候補)

iPS細胞の創薬への応用について、iPS細胞を使って6つの難病(進行性骨化性線維異形成症(FOP)、軟骨無形成症、タナトフォリック骨異形成症、ペンドレッド症候群、家族性筋萎縮性側索硬化症、肥大型心筋症)の治療薬の候補物質を見つけたそうです。いずれも既存の医薬品で、今後、臨床試験(治験)などを行い、実用化を目指すようで、結果が注目されます。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160923-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 15:12| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする