2016年12月05日

カーボンプライシング

地球温暖化対策の一環として、CO2排出量に応じたコストを企業に負担してもらう「カーボンプライシング」と呼ばれる制度(企業の排出量の上限、排出量取引制度、炭素税の税率など)の本格的な導入に向けた検討が始められるそうです。先月発効した「パリ協定」に基づいた具体的な対策を取っていかなくてはなりませんので、こうした対策を速やかに進めていく必要がありそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161205/k10010795051000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
http://www.nhk.or.jp/

地球温暖化:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92n%8B%85%89%B7%92g%89%BB

パリ協定:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83p%83%8A%8B%A6%92%E8

posted by スタッフ at 09:17| 岡山 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする