2016年12月14日

ALS患者向けのBMIの臨床研究

「BMI」と言ってもbody mass indexではなく、brain machine interfaceという技術の略名で脳の信号を機器で操作する技術だそうです。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者の脳の表面に電極を置き、読み取った脳波を無線で転送し、パソコンやロボット義手を操作する世界初の臨床研究が来年度にも行われるそうです。

http://www.asahi.com/articles/ASJDD4WF9JDDPLBJ004.html?iref=com_apitop
http://www.asahi.com/

http://www.asahi.com/articles/ASJDG3SSTJDGUBQU009.html?iref=com_apitop
http://www.asahi.com/

ALS:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%60%82k%82r

posted by スタッフ at 12:25| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする