2017年01月26日

iPS細胞(異種動物で臓器作製・移植に成功)

マウスのiPS細胞やES細胞をラットに移植して体内でマウスの膵臓を作製し、再びマウスに移植して糖尿病の治療に成功したとのこと。別の種類の動物で臓器を作製・移植して治療効果が確認されたのは世界初だそうです。今後は、ブタでサルの臓器を作る計画があるそうです。

https://this.kiji.is/197048660747404794?c=39546741839462401
http://www.47news.jp/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853451000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
http://www.nhk.or.jp/

http://www.sankei.com/life/news/170126/lif1701260001-n1.html
http://www.sankei.com/

http://www.asahi.com/articles/ASK1S4D9TK1SULBJ00C.html?iref=com_apitop
http://www.asahi.com/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 08:44| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする