2017年05月31日

医薬品・医療機器の費用対効果評価

ここ数年、医薬品や医療機器の費用対効果評価についての話が出ていていますが、2018年度には本格導入される予定だそうです。そうした中、膵臓がん患者団体などが、国の評価専門組織に複数の患者団体も参画できるように求める要望書を厚労相に提出したそうです。一方的ではなく、患者さん達と一緒に取り組む姿勢も求められるということかと思われます。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170530-OYTET50027/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

費用対効果:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94%EF%97p%91%CE%8C%F8%89%CA

posted by スタッフ at 08:34| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする