2017年07月27日

ウコンでがん抑制

ウコンの成分のクルクミンが、がん進行を大きく抑制することが、マウスの実験で確認されたそうです。すでに国内外でクルクミンの臨床試験も行われているようですが、普通に摂取してもほとんどが排泄されてしまうそうです。そこで、今回は排泄されにくい体内で有効成分に変わるクルクミンの化合物を合成して、有効成分の血中濃度を約1000倍に高めるようにしたそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170726-OYT1T50090.html
http://www.yomiuri.co.jp/

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20170726-OYO1T50010.html
http://www.yomiuri.co.jp/

がん抑制:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1%97%7D%90%A7

posted by スタッフ at 08:44| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする