2017年09月03日

卒業生の皆さんの活躍

昨日と本日、第55回日本人工臓器学会大会がありました。そこにも、短大と医福大の卒業生の皆さんが、講演、発表、企業展示の担当などで来られていました。臨床工学技士養成校の先生方も来られていて、ME2種も話題になっていました。

ランチョンセミナー「多様化する透析療法の展望」の演者二人の中、一人が短大3期生の佐野可奈さん(野伏間クリニック)でした。「高齢者に対する間歇補充型HDFの臨床効果」について、講演されていました。急速に高齢化が進む透析患者さんに対応した治療が、求められていますね。因みにもう一人の演者は、透析に関わってる皆さんなら、よくご存じの峰島三千男先生(東京女子医大)でした。

さらに、山本健一郎先生が、東京女子医大の時のご研究「Effects of protein leakage on online monitoring of ultraviolet absorbance in spent dialysate」で、論文賞を受賞されました。おめでとうございます。

posted by スタッフ at 23:14| 岡山 ☀| 卒業生向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする