2017年11月04日

温室効果ガス濃度が過去最高

3日ほど前に地球温暖化についてのニュースを紹介しましたが、世界気象機関(WMO)によると、昨年の3種類の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素)の世界の平均濃度が過去最高値になり、特に二酸化炭素は前年からの増加量が過去最多になったことがわかったそうです。気象庁によると、短時間の大雨など災害リスクが高まりつつあり、引き続き温暖化対策が重要とのことです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171104/k10011210011000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004
http://www.nhk.or.jp/

温室効果ガス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%B7%8E%BA%8C%F8%89%CA%83K%83X

地球温暖化:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92n%8B%85%89%B7%92g%89%BB

posted by スタッフ at 07:26| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする