2017年11月15日

経口免疫療法の臨床研究

子どもの食物アレルギーの「経口免疫療法」の臨床研究で、アレルギー症状のため、一時呼吸停止になられ、現在は低酸素性脳症で治療を続けているそうです。これまで同様の治療は、平成27年時点で全国でも8000例近い治療例があるそうですが、このような症状は今回が初めてだそうで、関係学会が、他にも同様の事例がないかどうか調査を開始し、注意喚起を行っているそうです。

https://this.kiji.is/303079451982103649?c=39546741839462401
http://www.47news.jp/

http://www.asahi.com/articles/ASKCG5DGTKCGULBJ00W.html?iref=com_apitop
http://www.asahi.com/

http://www.sankei.com/life/news/171114/lif1711140022-n1.html
http://www.sankei.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171115-OYTET50004/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

食物アレルギー:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90H%95%A8%83A%83%8C%83%8B%83M%81%5B

posted by スタッフ at 06:44| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする