2017年11月24日

幹細胞から作製したミニ小腸を創薬に活用

ES細胞やiPS細胞から作製した「ミニ小腸」を創薬に活用するための共同研究が始まり、クローン病などの新薬の候補物質を調べる装置「臓器チップ」の製品化を目指しているそうです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171122-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

小腸:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8F%AC%92%B0

ES細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82d%82r%8D%D7%96E

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 09:17| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする