2018年02月21日

iPS細胞(聴力改善)

人のiPS細胞から内耳のもとになる細胞を作製し、難聴の胎児マウスの内耳に移植したところ、聴力改善に必要なタンパク質が作られたそうです。それが聴力を改善しているかどうかを確認し、いずれは遺伝性難聴の治療法の開発に繋がればと期待されているようです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180221-OYTET50020/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 19:18| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする