2018年05月23日

ブルーライトが皮膚細胞の体内時計に悪影響

体内時計関連のニュースが続きます。アメリカの民間の研究所が、ブルーライトが夜間照射されることによって、皮膚細胞内の体内時計を司る遺伝子が影響を受け、夜のサイクルに入るのを妨害されることを明らかにしたそうです。そして、照射によって夜間の修復作用や再生作用のサイクルが開始されず、活性酸素などの増加、DNAの損傷増加などが示されたそうです。

http://www.sankei.com/life/news/180523/lif1805230003-n1.html
http://www.sankei.com/

体内時計:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%91%CC%93%E0%8E%9E%8Cv

ブルーライト:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83u%83%8B%81%5B%83%89%83C%83g

posted by スタッフ at 09:46| 岡山 ☔| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする