2018年05月28日

ベンチャーの特許取得までの期間を短縮

学生の皆さんの中でも、将来、医療機器の開発に関与する場合があるかもしれませんが、特許庁は、ベンチャー(新興企業)が発明などに関する特許を短期間で取得しやすくする方針を固めたそうです。具体的には、既に存在する「スーパー早期審査制度」の適用要件を緩和するそうです。本学科の教員の中でも、医療機器の基礎技術や実用化に近い形の物などで特許を取得しています。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180527-OYT1T50098.html?from=ytop_top
http://www.yomiuri.co.jp/

特許:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%C1%8B%96

posted by スタッフ at 08:37| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする