2018年06月03日

iPS細胞(膵臓がん発症の仕組みの一端を解明)

iPS細胞を作製する技術を応用して、膵臓がんが発症する仕組みの一端が解明されたそうです。細胞がiPS細胞に変化する時、元の細胞の特徴が失われる変化が最初に起き、こうした変化が、膵臓がんの発症と関係しているらしいとのこと。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180531-OYTET50016/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

膵臓がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%E4X%91%9F%82%AA%82%F1

posted by スタッフ at 00:10| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする