2018年06月27日

ぜんそくの重症化メカニズムを解明

ぜんそく(喘息)で気管などの組織の繊維化による重症化が見られますが、ぜんそくのマウスを使った実験で、その仕組みが解明されたそうです。免疫細胞にアレルゲンが結合すると、特定のタンパク質が分泌されて、好酸球と反応し、繊維化を誘導する物質が大量に産生されるそうです。新しい治療法の開発に結びつくことが期待されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180627/k10011496931000.html?utm_int=news_contents_news-main_007
https://www.nhk.or.jp/

https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20180627/1080002615.html
https://www.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASL7454SDL74UBQU00G.html?iref=com_apitop
https://www.asahi.com/

https://www.yomiuri.co.jp/science/20180709-OYT1T50069.html?from=ytop_main2
https://www.yomiuri.co.jp/

ぜんそく:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%BA%82%F1%82%BB%82%AD

posted by スタッフ at 08:20| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする