2018年08月31日

iPS細胞(先天性ネフローゼ症候群の初期状態再現)

透析治療にも関係しますが、ヒトのiPS細胞から、先天性ネフローゼ症候群の初期状態を再現することに成功したそうです。それだけでなく、遺伝子操作で正常化することも確認しているそうですので、病態の仕組みの解明だけでなく、治療法の開発や創薬に繋がるものと期待されているようです。

https://www.asahi.com/articles/ASL8Z7S3JL8ZUBQU01C.html?iref=com_apitop
https://www.asahi.com/

https://www.asahi.com/articles/ASL8X7FD3L8XTLVB00P.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180831-OYTET50008/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

腎臓病:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90t%91%9F%95a

posted by スタッフ at 09:32| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする