2018年09月12日

がん患者の3年生存率

国立がん研究センターによると、平成23年に全国の「がん診療連携拠点病院」でがんと診断された患者の3年後の生存率は、がん全体で71・3%だったそうです。がんの種類別では、肺がんが49・4%、食道がんが52・0%、肝臓がんが53・6%と比較的低く、前立腺がんは99・0%、乳がんは95・2%、子宮体がんは85・5%と比較的高かった。そして、膵臓がんは15・1%に留まっていたそうです。

http://www.sankei.com/life/news/180912/lif1809120005-n1.html
http://www.sankei.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180912-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASL9B756KL9BULBJ01Q.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

http://www.sankei.com/life/news/180912/lif1809120005-n1.html
http://www.sankei.com/

がん+生存率:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1+%90%B6%91%B6%97%A6

posted by スタッフ at 08:50| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする