2018年10月15日

iPS細胞(既存薬でALSの治療の可能性)

これまでにも関連した記事を紹介して来ましたが、iPS細胞を使った研究で、パーキンソン病の既存薬がALS(筋萎縮性側索硬化症)に有効であることがわかったそうです。

https://www.asahi.com/articles/ASLBF54W2LBFULBJ004.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://www.asahi.com/articles/ASLCY6JMPLCYULBJ01B.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://www.sankei.com/life/news/181203/lif1812030004-n1.html
https://www.sankei.com/

iPS+ALS:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r+%82%60%82k%82r

posted by スタッフ at 09:21| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする