2018年11月22日

iPS細胞(腸管上皮細胞でノロウイルスを増殖)

ヒトのiPS細胞から作製した腸管上皮細胞を使って、ノロウイルスを増殖させることに成功したそうです。ノロウイルスは人工的に増殖させるのが難しいそうで、この方法が実用化されれば、ワクチン開発などに繋がる可能性があるようです。

https://www.asahi.com/articles/ASLCN3T72LCNPLBJ002.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181121-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

ノロウイルス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83m%83%8D%83E%83C%83%8B%83X

posted by スタッフ at 07:41| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする