2018年12月21日

心不全の入院患者数が急増

心不全で入院する患者数が急増していることがわかったそうです。平成24年に約21万3000人だった心不全による入院患者数は、4年後の平成28年には約26万人に増加し、毎年1万人前後増えていたそうです。その主な原因として、高齢化が考えられ、団塊世代が後期高齢者(75歳以上)になると、さらに患者が急増すると推計されているとのこと。

https://www.sankei.com/life/news/181221/lif1812210008-n1.html
https://www.sankei.com/

心不全:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90S%95s%91S

posted by スタッフ at 08:08| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする