2018年12月25日

細胞膜の張力でイオンチャンネルの透過性調節

膜タンパクの一種であるカリウムイオンチャネルが、細胞膜の張りが強くなるほど、活性化(透過性向上)することが明らかになったそうです。化学的環境だけでなく、物理的環境によっても、透過性を操作できる可能性が示唆されたことになり、将来的には創薬などにも繋がることが期待されます。

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/765933
https://www.fukuishimbun.co.jp/

細胞膜:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%D7%96E%96%8C

posted by スタッフ at 09:25| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする