2018年12月27日

iPS細胞(角膜細胞移植の臨床研究の審査状況)

8月に関連記事が出ていましたが、大阪大の学内で倫理審査申請されていた人のiPS細胞から角膜細胞を作製し、角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に移植する臨床研究計画が条件付きで承認され、来月にも厚労省に申請し、承認が得られると来年5〜6月に臨床研究が実施され、6年後の保険適用を目指しているそうです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181227-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASLDV5VJBLDVPLBJ00B.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760721000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005
https://www.nhk.or.jp/

http://kumw-me.seesaa.net/article/461040805.html

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

角膜:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Ap%96%8C

posted by スタッフ at 10:51| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする