2019年01月05日

細胞シートで十二指腸がん治療

細胞シートを使った新しい治療で、初期の十二指腸がんを対象とした研究についての記事が出ていました。内視鏡下粘膜下層剝離術(ESD)によって、粘膜にできたがんを内視鏡で除去し、その外側に骨格筋から作製した細胞シートを貼り、合併症(穿孔)を防ぐそうです。

https://this.kiji.is/453185621168882785?c=39546741839462401
https://www.nagasaki-np.co.jp/

https://www.sankei.com/life/news/190122/lif1901220069-n1.html
https://www.sankei.com/

細胞シート:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%D7%96E%83V%81%5B%83g

posted by スタッフ at 10:08| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする