2019年02月20日

スマホによる脳過労

昨夜のテレビ番組で、「スマホによる脳過労」についての話が出ていました。スマホに依存し過ぎで、もの忘れが激しくなり判断力や意欲も低下するということだそうです。「オーバーフロー脳」「digital overload」「information overload」などとも呼ばれているそうです。対策の一例として、「デジタル・デトックス」が紹介されていました。いわゆる「スマホ断ち」です。4年生の一部の皆さんも、スマホ断ちすることで、国試対策の勉強への集中が高まっていると思います。

つい数日前にWHOから出されたスマホ難聴の記事も紹介しましたし、2年ほど前にスマホがそばにあるだけで、認識や判断が遅くなるという研究結果を紹介したことがあります。その他にもスマホの弊害についての記事はたくさん出ていますが、医療分野ではオンライン診療や服薬指導など遠隔医療分野での活用なども進んでおり、うまく使いつつ、使い過ぎに注意するというバランスが大切なようです。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4249/index.html
http://www.nhk.or.jp/

スマホ:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83X%83%7D%83z

posted by スタッフ at 08:28| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする