2019年03月06日

エイズウイルス(骨髄移植で検出されず)

エイズウイルスに感染した患者に骨髄細胞(CCR5)を移植したところ、薬を服用しなくても、1年半にわたってウイルスが検出されなくなったとの研究が発表されたそうです。こうした報告は2例目だそうで、新たな治療法に繋がる可能性があると注目されているようです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011836641000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_010
http://www.nhk.or.jp/

https://www.afpbb.com/articles/-/3214284
https://www.afpbb.com/

https://www.asahi.com/articles/ASM353HS1M35ULBJ002.html
https://www.asahi.com/

https://www.asahi.com/articles/ASM3626DMM36UBQU003.html?iref=com_apitop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190306-OYTET50016/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

エイズ:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83G%83C%83Y

posted by スタッフ at 07:57| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする